雑用について

こんばんは 山口です。

本日は、雑用についてです。

雑用から逃げているとずっと雑用をやるはめになります。

雑用は誰もやりたくありません。

なので、雑用は早く終わらせるに限ります。

最初は、要領がつかめず時間がかかるでしょう。

だんだん慣れてくると速くできるようになってきます。

人のやり方を観察するのもいいです。

袋を一度にまとめたり、人それぞれ違いがあります。

いいと思ったら真似すればいです。

時間を意識する。
タイムプレッシャーにより、集中力が上がります。
速く終わらせるには頭を使わないといけません。
1分でも速くできるようになれば昨日より成長しています。

最後に歴史の話
秀吉は、信長の草履を用意する際にふところで草履を温めました。
草履を準備するだけではただの雑用ですが、草履を温めるという創意工夫をしました。
結果信長の目に止まりました。
雑用も少しの工夫でクリエイティブになるんです。

投稿者プロフィール

山口 徹
山口 徹
茨城県のチョコレート会社で製造しながら情報発信をしている。
読書が好きで日本の読書人口を増やしたいと考えている。
茨城県の魅力度ランキングが5年連続最下位という不名誉な結果が出てしまった。茨城県の魅力を伝える活動もしていき、魅力度ランキング6年連続最下位を阻止したい。

詳しいプロフィールはこちら