選抜高校野球 3回線 明秀日立VS大阪桐蔭

「根尾劇場」と解説の方が言っていました。
四球9つ 三振10個
四球9つなのでつけいるすきはあったはず
チャンスは作っていたのでもったいなかったです。
9回表の満塁で明秀の4番に回ったときは、打てませんでしたが良い盛り上がりでした。

チーム同士のエピソード
キャプテン同士が大阪のシニアで同じチームでした。甲子園で試合をしたいと話していて、夢が実現していて素敵でした。両キャプテンはショートを守っていました。
天は二物を与えずは嘘。東大医学部神脳 河野弦斗など例外はいるんだと思いました。

根尾の五刀流?
最初なんで6番が投げているのかと思いました。
二刀流は投手と野手をすることです。
二刀流でも大変で大変なことなのに、根尾くんは内野、外野をハイレベルにこなすします。
中学時代は成績オール5、両親が医師、全国アルベンスキー全国優勝しているハイスペックの持ち主です。
また、打者心理を見抜いていて、最後明秀のバッターがホームランを狙っていました。
打ち気をそらし変化球でうまくタイミングをずらしていた頭の良い投手でした。
明秀日立は、細川が粘りつよく投げていました。
自身でもホームランを放ち、完封負けは阻止、僕もゼロではなく1点は取ってほしいと願っていたので良かったです。

春で2勝大きな経験になりますね。球春到来なので高校野球が楽しみです。

今日の出来事
時間の調整が上手くできなく修正しないといけません。
ちはやふる結びを観ました。
何かに没頭し仲間と夢中になれるって素敵だなと思いました。
もがき、悩み、葛藤が青春なんだなと感じました。

投稿者プロフィール

山口 徹
山口 徹
茨城県のチョコレート会社で製造しながら情報発信をしている。
読書が好きで日本の読書人口を増やしたいと考えている。
茨城県の魅力度ランキングが5年連続最下位という不名誉な結果が出てしまった。茨城県の魅力を伝える活動もしていき、魅力度ランキング6年連続最下位を阻止したい。

詳しいプロフィールはこちら